日本と中国の社会環境において大きな違いはと言えば、ネット事情が挙げられるのではないでしょうか。

かつて中国は上海で仕事をしていた3年半の間、一人として新聞を読むタイプの人には出会いませんでした。全てスマホで情報収集と情報拡散。情報の閲覧、チャット、買い物、予約等々…むしろスマホでできないことが思いつかないくらいです。

なかでもWeChat(微信)と呼ばれる交流アプリを使用している人は6億人とも言われています。以下はそこで転送されていた情報です。京都の着物スタイリストの方のご紹介と北海道・大沼での自然教室のお知らせです。

中国の日常はスマホの中に!

Screenshot_2015-06-25-16-00-18

 

Screenshot_2015-06-25-16-07-47