10月は北京に行ってきました。

ゼータコンサルティング株式会社様(http://www.zeta-consulting.jp/)のお声かけのもと、夏頃から企画、準備させて頂きました。
海千山千のビジネスパーソン、異業種の専門家が集う勉強会の海外視察版としてのツアー。メインプログラムはアマゾン北京の職員さんとの交流会及び中国のシリコン・バレーと言われる「中関村」エリア訪問、それから中国の広さを体感する観光を少々。
党大会前ということでやや緊張気味のクラシカルな雰囲気を味わいつつ、皆様のご協力のもと無事終了しました。ありがとうございました。

日本にいると、ネット水面下、また外国語で何が語られているか等は無視していても大丈夫なように思われがちですが、知らないうちに置いてきぼりを喰わないよう、外の世界で何が起こっていて、今後私たちの生活にどのような影響があるのか常にアンテナを張り続け、足を運んで学ぶことの大切さを再確認することができました。

ありがとうございました。

 

こういう迎えられ方はやはり嬉しいものです。

 

日中メンバーで会議中。

 

シェア自転車も実地体験。

 

社会教育施設のデザインからも時代の流れが感じられました。

 

「中関村・起業大通り」。週末だったので人通りはやや少なめとのことでした。

 

シェア自転車もここから生まれたそうです。

 

食い倒れツアーでもありました(^^;)

 

中国ネット民の皆さんも歓迎してくれました。