よくある質問

中国市場が伸びると言われているが実際はどうなのか?

不透明な要素は否定できませんが、毎年GDP5~7%前後の伸びがある現状は無視できないでしょう。不動産や生活用品物価が上昇する一方、品質への不満があるからこそ海外の商品情報へアプローチし、購入しているのが実情だと思えます。一方、広い国土ゆえにネットが発達し、スピード感が違います。多くの庶民は苦労を重ねているだけに、知識欲の伸びや理解能力の成長も著しいものがあります。

Back To Top

中国の状況、市場を把握するためにどんなサービスを提供できるのか?

中国市場へチャレンジしていかれるにあたり想定しうる様々なご相談事について多様なスタッフで対応させていただきます。
「どんなものが売れるのだろう?」「どこに行ったらリサーチできるのか?」「ホームページを多言語化したいけど」「現地の展示会に参加してみたい」「売れる方法について現地の人の意見が聞きたい」等、20年の日中交流で学び得た経験をご活用いただければと存じます。

Back To Top

中国以外にアテンドしてくれるのか?

ベトナム、韓国へは、信頼できるスタッフとの協同作業のもと対応させていただきます。いまや、多くの方が日本国内の移動と変わらない価格と頻度で国内外を移動する時代となりました。さまざまな「答え」はおおむね現地にあります。会社で、また友人グループで、お気軽にお尋ねください。ご予算や目的に応じてアレンジさせていただきます。

Back To Top

英語、中国語、韓国語の翻訳をワンストップでできるか?

おまかせください。まずはお客様の目的を明確に理解するため聞き取りをさせていただきます。ネイティブのスタッフが、商品の特徴、アピールポイント、対象年齢層等をきちんと把握した上で、また、「お客様目線」での確実な翻訳をお約束します。

Back To Top

自分で中国語を理解できるようになるにはどれくらい必要か?

語学学習のキモは、日常生活の中でどれだけ継続的に取り組めるかです。とくに中国語は瞬間的に「音」を聞き分ける言語です。最初に集中して取り組む時間が必要です。音に慣れてきて反応できるようになるまで半年ほどでしょうか。面白くなってきたらしめたものです。教材は文化比較のため、日本発行のものと中国発行のものを併用することをお勧めしています。

Back To Top